記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

襲撃

タイタン討伐から、少し時間が空いてしまいましたが、
やっとこさ砂の家があるベスパーベイまで戻ってきました。
が、砂の家の様子がおかしなことになってます。


1564.png
なんだか、SSを撮影するときはいつも夜な気がする…。
砂の家の前に、こんな人たちいたっけ?

1565.png
やっぱり、普段はいない人たちのようです。
砂の家の中で物騒な音…?

1566.png
悲鳴?嫌な予感がします。

1567.png
あれ?砂の家って、こんな暗かったっけ…?
と思ったら、奥に倒れている人が…!

1568.png
えっ…なにこれ…。

1569.png
なに、これ?
荒らされてるし、いっぱい人が倒れてる。

ミンフィリアさんや、パパリモ、イダ、
それと、あのシルフ族の子は…?

1570.png
恐る恐る、奥の部屋へ入ると。
ノラクシアちゃん…?!

1571.png
あぁ、まだ息があった…!!
なぜにこんなことに…!

1572.png
と、ここで、ノラクシアちゃんから回想が飛んできました。

1573.png
うむ、リムサで受けた「もしもしミンフィリア」の内容ですね。
ノラクシアちゃんは、ミンフィリアさんと一緒にいたようです。

1574.png
直後に、物音が。

1575.png
砂の家の中にいた人も、対抗しようとしますが、
押し入ってきた人たちに、容赦なく撃ち殺されて?いきます。

1576.png
この鎧、帝国の人ですね。
なんでこの場所がバレた?

1577.png
問答無用で切り捨てていってます。
対話の余地もないのか…。

1578.png
いや、報告したばっかりで、まだリムサにいましたし、
直後に襲撃とは、この家の場所はとうの昔に割れていたようですね。

1579.png
タタルさん…!よく考えたら、砂の家の入口にはタタルさんがいるわけだし、
まっさきに殺されてそうだったのだけど…!
どこかに隠れたのかな…?!

1580.png
ミンフィリアさん、戦闘能力的にはどうなんだろう…。
と思ったけど、多勢に無勢ですよね。

1581.png
あの人、というのは、うちの子のことですよね、きっと。
でも、ノラクシアちゃん…。

1582.png
テーブルの後ろにノラクシアちゃんを隠し、
たった一人、相手と向き合うミンフィリアさん。

1583.png
肝が据わりすぎでしょう、ボス…。
どれだけの修羅場を、この人は潜り抜けてきたんだ。
まぁ、砂の家の中にいる時点で、無関係な人はいないと思うけども…。

1584.png
耳の横かすめて撃つとか、危ない…!

1585.png
女性の軍人さん…。殺気立った女性同士が対峙する場面って、ほんと、怖い。
下手すると、男性同士が対峙する場面より、怖い。

1586.png
あああああノラクシアちゃん、なんで飛び出してきたんだ!!!!
人と人との厄介ごとに、そこまで出てくる必要はないんだよ!!!

1587.png
あああノラクシアちゃんが殴り飛ばされた…!!
撃たれたわけじゃないから、なんとか、なんとかならないだろうか?!

1588.png
ミンフィリアさんは、後ろ手に縛られ、なすすべもない感じ。

1589.png
いや、十分すぎるでしょ。ほぼ一方的な惨殺ですよ。

1590.png
ミンフィリアさんにも「超える力」があることがバレているようです。
「超える力」を測定する技術でもあるのか…?
とりあえず、この場ですぐ殺されるということはないようですが、
このままだったら、十中八九モルモット行きでは…?

1591.png
ここで、いつまでも死体にザクザク槍を突き立てている兵に、
殺意湧きました。

1592.png
命令に背いて、手を止めなかった部下を、
帝国の女軍人「リウィア」はいともたやすく撃ち殺します。

1593.png
なんか、もう、言葉にならんですね。

1594.png
東ザナラーンの、聖アダマ・ランダマ教会ね、
わかったから、その前に、まずノラクシアちゃんの治療を急いでくれ…!

1595.png
ミンフィって、そんな仲良くなってたのか。
でも、君ね、なんでそんな、そんな無茶したんだ!
一族から離れて、たった一人で人と人の争いに巻き込まれて

1596.png
あああ嘘でしょ、 なんで、こんなとこで、死んじゃうんだ…。

1597.png
こういうとき、白魔道士なんだから、
なんか、なんか手だてがあるだろ、って思っちゃいます。
まぁ、たいてい回復できるのは「戦闘不能」であって、
「死亡」からの蘇生ではないんですよね…。
それより、ノラクシアちゃんを暁の血盟に預けてくれた長ちゃまに、
なんて説明すればいいんだよ…。

こんな鬱展開、聞いてないよ…。
しかし、敵の言動からすると、こちらの状況はリアルタイムで把握されてた模様。
となると、裏切者あるいは、スパイが暁の血盟の中に潜伏してた可能性ありますね。

とにかく、次回、ノラクシアちゃんが命を懸けて伝えてくれた、
東ザナラーンの「聖アダマ・ランダマ教会」へ向かいたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。