記事一覧

心の記憶と、体の記憶と

砂の家襲撃の衝撃から抜け出せないまま、
ノラクシアちゃんの伝言の通り、東ザナラーンにやってきました。

教会でのお使いとストーリーがかなり入り混じるので、
SSの順番は少し前後しますが、今回はストーリーの記録のみを書いていきます。


1598.png
一瞬ド忘れしてましたが、暁の血盟には合言葉があったんでしたね。
以前ここの教会には来たことがありましたが、
まさか、ここのイリュド神父が協力者だったとは…。

1599.png
神父さんに事情を説明します。
でも、暁の血盟には、スパイが潜伏してる可能性も…。
ここは大丈夫なのだろうか…?

1600.png
神父様…!
あれだけの惨劇を見た後で、休めるかどうかはわかりませんが、
かなり精神的ダメージは大きい…。

1601.png
(光の加減もあって、この神父さんの表情、怪しく感じてしまった。)
しかし、ミンフィリアさんの幼少期の頃から知ってるとは…。
回想を見る感じ、かなりの修羅場を潜り抜けてる印象を受けましたが、
一体どんな幼少期を送っていたのか…。

1602.png
第七霊災のおりに記憶をなくしたマルケズという男性が、
当面世話をしてくれることになりました。

1603.png
あ…れ…?ちょっと待って…?
マルケズさんのフードの下、ゴーグルらしきものが…?

(まさか、FFシリーズには欠かせない、あの人…?!)
(たしか、第七霊災の時に行方不明になった…?)

1604.png
止まってしまった時計を見たマルケズさん。
直せるかもしれないとのこと。

1605.png
ふむ、この少年は、壊れた調理器具を直してほしいとのこと。
いや、冒険者は街の修理屋さんじゃないのよ…?

1606.png
とりあえず、マルケズさんに見てもらいます。
直すには、道具が必要とのこと。
でも、購入費用は一体誰が出すというのか…!

1611.png
彫金師ギルドに時計を直すための道具をもらいに来ました。
ふむ。かなりの腕の持ち主じゃないと取り扱えない道具…。
それが必要ということは、
マルケズさんは相当な腕の持ち主、ということでしょうか…。

1621.png
記憶はないけど、時計が直せる、直すために何が必要か知っている、
そして、体が覚えている。
記憶というのは、心と体、二つある、と昔どこかで読みましたなぁ。

1622.png
自分が死んでも、誰かが死んでも、世界の時間が止まるわけじゃないんですよね。
マルケズさん、深いです。

1623.png
記憶がないのも不安かもしれないけど、
自分の記憶にないものを、自分が知ってるっていうのも、
気になるものですよね、きっと。いや、わからんけど。

1624.png
私はマルケズさんが何を言ってるのかわからんよ。

1625.png
そりゃ、記憶をなくす前に、それらに触れる仕事をしてたかなんかでしょうなぁ。
やっぱり、あなたは…。

1626.png
おおっと、マルケズさんが修理した時計は、ガレマール帝国で作られたものらしい。
つまり、マルケズさんは記憶を失う前、ガレマール帝国にいたということ…?

マルケズさん、今後かなり重要な人物になってくることが、
大いに予想されますね…!

今日の冒険記録はここでおしまい。
まだまだ襲撃の傷心から立ち直れていませんが、
とりあえず、しばらくはこの教会のお世話になりましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント